石角友愛のシリコンバレー通信

新CEOジャシー氏の経歴から読み解くアマゾンの将来

石角友愛・パロアルトインサイトCEO
  • 文字
  • 印刷
アマゾンCEOに昇格するアンディ・ジャシー氏=2019年12月5日、AP
アマゾンCEOに昇格するアンディ・ジャシー氏=2019年12月5日、AP

 アマゾン最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏が2月2日(米国時間)、6月末で現職を退任することを発表した。2020年、米議会に呼び出され、反トラスト法(日本の独占禁止法に相当)違反の可能性に関して何回も質問を浴びせられたことは記憶に新しい。バイデン政権になり、今後は巨大IT企業に対する規制がより強化され、反トラスト法に関する訴訟も増えると予想される中、この決断は理解できると考える人も多い。

後任ジャシー氏の興味深い職歴

 注目すべきは、後任として白羽の矢が立ったアンディ・ジャシー氏である。彼は03年にベゾス氏とゼロからクラウドサービス「AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)」を立ち上げ、16年にAWSのCEOになった。

 そして今や、AWSをアマゾン全体の利益の52%を稼ぎ出すまでに成長させた。非常に名の知れた経営者の一人である彼の職歴は、とても興味深い。

この記事は有料記事です。

残り1476文字(全文1859文字)

石角友愛

パロアルトインサイトCEO

 2010年にハーバードビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得後、米グーグル本社でシニアストラテジストとして、多数のAIプロジェクトを手がける。グーグル退社後、人事系スタートアップや流通系AIベンチャーを経て、2017年に日本企業にAI開発を行うパロアルトインサイトを起業。著書に「いまこそ知りたいAIビジネス」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。