週刊エコノミスト Onlineから

米の貿易赤字拡大と積極財政で「ドル売り圧力」高まる

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
人々の手元に入ってくる米ドルは大幅に増加している (Bloomberg)
人々の手元に入ってくる米ドルは大幅に増加している (Bloomberg)

 昨年5月以降、米ドルが下落(ドル安)基調をたどっている背景にはさまざまな要因があるが、そのうちの一つが米国の経常赤字だ。こう言うと「米国は過去30年ずっと経常赤字なのに、なぜ今経常赤字が急にドル安要因として材料視され始めるのか」との疑問を持つ向きもあると思われるので、やや細かく解説してみたい。

 まず、米国の経常収支の構造を見ると、経常赤字よりその内訳項目である財の貿易赤字の方が大きい。例えば、昨年7~9月期の経常収支は1785億ドル(約18兆7000億円)の赤字だが、財の貿易収支は2456億ドルの赤字だ。サービス収支と第1次所得収支(対外金融債権・債務から生じる利子・配当など)が一定程度の黒字であるため、経常赤字は財の貿易赤字よりも小さくなっている。

 四半期の財の貿易赤字が2456億ドルということは、世界の輸出企業が毎日約38億ドル程度の米ドルを為替市場で売っていることを意味する。単純に…

この記事は有料記事です。

残り2111文字(全文2511文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。