藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

聖地ベツレヘム「パレスチナ自治区」の素顔

藻谷浩介・地域エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
ベツレヘム旧市街を貫くパウロ6世通り沿いには多くの教会がある(写真は筆者撮影)
ベツレヘム旧市街を貫くパウロ6世通り沿いには多くの教会がある(写真は筆者撮影)

イスラエル編(5)

 2019年5月初旬の昼過ぎ、聖都エルサレムの旧市街を囲む、城壁の前に立った筆者。振り向いた後ろには、近郊行きのバスの発着所があった。時間のかかりそうなことを先に済ますという趣旨で、旧市街探検より先に、南に10キロほど離れたベツレヘムの町にバスで往復することとする。

パレスチナ自治区にバスで入る

 ベツレヘムを経由してその先に向かう231系統のバスは、立派な大型車だった。料金は日本円で230円ほど。現金払いだったので、近くの両替所で手持ちの米ドルをイスラエルの通貨のシェケルに換える。午後0時50分に出発し、ベツレヘムの停留所に着いたのは1時40分過ぎだった。わずか10キロにずいぶん時間がかかったものだ。

 バスに乗って、イスラエルからパレスチナ自治区へと入ったことになるのだが、行きにパスポートチェックはなかった。道は起伏する丘に木がまばらに生えている間を縫って進んだが、そこら中に真新しい家の密集する新興住宅地のようなものがあった。いわゆる「ユダヤ人入植地」だろうが、エルサレム近郊のこの辺りでは農業をしに入植しているはずもなく、要するにユダヤ人向けのベッドタウンを新設しているのだろう。

 コンクリートの壁が屈曲していたのは、ユダヤ人地区とアラブ人(パレスチナ人)地区を隔てて建設されている「分離壁」だろう。しかしその壁が国境というわけでもないようで、いつ自治区に入ったのかはよくわからなかった。

 だがバスを降りると、店や広告の看板は、ヘブライ語オンリーから、アラビア語と英語の併記に変わっていた。ユダヤ人に比べアラブ人には、人懐っこく目を合わせてくる人が多い。特に子ど…

この記事は有料記事です。

残り2101文字(全文2797文字)

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外114カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。