知ってトクするモバイルライフ

ワイモバイル「最安3GB月900円」割引増やしUQに対抗

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
ワイモバイルは割引の増額やデータ容量増でライバルのUQモバイルに対抗
ワイモバイルは割引の増額やデータ容量増でライバルのUQモバイルに対抗

 ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」が、新料金プランを2月18日に始める。新しいプランは昨年12月に発表していたが、最大のライバルUQモバイルの値下げに対抗して、いわゆる“セット割”の割引を増額する見直しを2月1日に発表し、勝負に出る。

 ワイモバイルの新料金プランは「シンプルプラン」。月額料金は、3ギガバイト(GB)が1980円、15GBが2980円、25GBが3780円だ。UQモバイルの3GBは1480円で、ワイモバイルの方が500円高いが、家族契約の2回線目もしくは光回線とセットにすると、1080円の割引を受けることができ、料金は900円になる。UQモバイルより逆に580円安い。

UQモバイルの値下げを見て再検討

 この割引は15GB、25GBプランにも適用されるため、当てはまる人は15GBが1900円、25GBが2700円となり、このデータ容量としてはかなり安い価格となる。昨年12月時点では割引額は500円だったが、今回さらに580円上積みした形だ。

 割引を加味するという条件付きながら、ワイモバイルは格安スマホを含めても最安水準の料金になる。さらに、メインブランドのソフトバンクに限定していた5Gを、2月18日の料金改定に合わせ、ワイモバイルにも開放。5Gスマホが使えるようになり、iPhone 12、iPhone 12ミニも発売する。

 さらなる値下げよりも割引に重きを置いた理由について、ソフトバンクの宮内謙社長は「ソフトバンクの固定通信者は800万回線を超え、ワイモバイルのユーザーは6割程度が家族契約のため」と語る。対象となる利用者が多く、UQモバイルの料金プランに…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文1389文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。