藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

エルサレム旧市街「嘆きの壁と迷路の道」で考えたこと

藻谷浩介・地域エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
嘆きの壁の前でユダヤ教徒のカップルがポーズをとってくれた=撮影は本文記事の翌朝(写真は筆者撮影)
嘆きの壁の前でユダヤ教徒のカップルがポーズをとってくれた=撮影は本文記事の翌朝(写真は筆者撮影)

イスラエル編(6)

 パレスチナ自治区のベツレヘムから、10キロほどの距離をエルサレムに戻る乗り合いバス。途中の検問で、乗客の大半を占めるアラブ人(パレスチナ人)だけがバスを降ろされ、イスラエルへの入域許可証を厳重にチェックされる光景に、この国の拠って立つ構造そのものの難点を感じた筆者。諸宗教が呉越同舟するエルサレム旧市街へと分け入る。

四つの地区に分かれる旧市街

 2019年5月初旬の午後4時過ぎ。エルサレム旧市街北面のダマスカス門を、南にくぐった。1キロ四方ほどの旧市街は、オスマントルコ時代に建設された城壁に取り囲まれており、中は基本的に迷路状の歩行者だけの空間である。

 旧市街では、直感的に興味を引かれた方向にどんどんと分け入るのが面白い。筆者は、観光客がおらず人間臭い営みがある裏路地に引かれがちなので、門から真南の方向に旧市街の真ん中を貫く通りを早々に逸れ、東側に分け入っていった。

 旧市街は文字通り「田」の字状に、四つの地区に分かれているのだが、まずはその右上部分の「アラブ人地区」に吸い寄せられたことになる。ちなみに左上がキリスト教徒地区、右下がユダヤ人地区、左下がアルメニア人地区だ。また右下の角の「神殿の丘」はムスリムの聖地で、住人はいない。

 丘の上に設けられた旧市街は複雑に起伏している。路地の左右は石壁で、その上にアーチがあったり、路地自体が建物の下をトンネル状に通っていたりしており、見通しというものがまったくきかない。石段になった路地を上っていくと、小さな子どもの集団に行く手を遮られた。男の子は戦うヒーローのようなポーズをし、女の子はスマートフォン片手におしゃまな…

この記事は有料記事です。

残り2007文字(全文2703文字)

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外114カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。