週刊エコノミスト Onlineから

東証の市場再編「1部企業600社脱落?」のインパクト

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
企業に改革を迫る東証(Bloomberg)
企業に改革を迫る東証(Bloomberg)

 東証1部からくら替えされるプライム市場に残れるのか──。東京証券取引所が昨年12月に発表した「新市場区分の再編」が、東証1部上場企業に緊張感を与えている。仮に脱落すれば、ステータスを失ううえに、TOPIX(東証株価指数)からも除外されて、株価が下落する可能性があるためだ。東証は、2022年4月に新たな区分に市場を再編する予定。

 また、プライムは株主数の基準については緩和(上場時の株主2200人、以降2000人から800人に減少)されており、これが株主優待制度へ影響を与えるとの見方もある。

持ち合い株は「固定株」

 東証は昨年12月、東証1部に代わる最上位市場を「プライム」と改称した上で、企業…

この記事は有料記事です。

残り2898文字(全文3196文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。