週刊エコノミスト Onlineから

コロナ長期化で「息切れ倒産・あきらめ廃業」が増える

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 新型コロナウイルスの国内初感染から1年。事態は収束するどころか、1月7日に政府が再発令した緊急事態宣言は、栃木県を除き10都府県で期限が延長された。

 新型コロナ関連倒産の第1号は昨年2月、愛知県で中国人観光客を受け入れていた旅館が破産を申請した。訪日外国人観光客が途絶え、インバウンド需要の消失が直撃した。コロナ禍で「新しい生活様式」が生まれ、人の移動も制限され、3密回避など異質な「日常」が企業環境に変化をもたらした。

 東京商工リサーチがまとめた2020年の企業倒産(負債1000万円以上)は7773件(前年比7・2%減)と減少し、30年ぶりに8000件を下回った(図1)。過去50年間でもバブル…

この記事は有料記事です。

残り2343文字(全文2643文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。