毎日家業×創業ラボ

家業を継ぐ「覚悟を決めるしかない」・入山教授

入山章栄・早稲田大大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授
  • 文字
  • 印刷
入山章栄・早大大学院教授=東京都新宿区で、西夏生撮影
入山章栄・早大大学院教授=東京都新宿区で、西夏生撮影

 入山章栄・早稲田大大学院教授の連載「未来を拓(ひら)く経営理論」は、世界の経営学の知見をビジネスパーソンが実践できる形で分かりやすく紹介していきます。今回のキーワードは「経営者としての覚悟」です。

未来を拓く経営理論

 前回は、自社が目指すべき将来像について「腹落ち」することの重要性をお話ししました。「腹落ち」が大事と言っても、家業を継いだ方々の中には、覚悟を決めて経営者になった方もいるでしょうが、不本意な思いを残して継ぐことになった方もいらっしゃるかもしれません。

 家業を含む同族経営について言えば、他の経営形態に比べて、覚悟を決めやすいと考えられます。社長としての任期が決まっておらず、「もう逃げ場はない」という言い方ができますし、別の言い方をすれば、あなた以上の適任者はいないのです。

最高の適任者は「あなた」

 もちろんスタートアップ企業は、自分でゼロから始められるため、経営者としての覚悟を決める上で理想型ではあります。一方で、日本のサラリーマン社長は一般的に任期が短く、自分以外にも経営できそうな人材が社内にいるので、腹をくくれないところがある。これに対し、家業経営は会社を継ぐとなったら、腹をくくるほかないし、腹をくくれた企業は強いと思います。

 逆に、腹をくくれない家業経営者は厳…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文1025文字)

入山章栄

早稲田大大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授

 1972年生まれ。慶応大学経済学部卒業。米ピッツバーグ大経営大学院から博士号を取得。2013年に早稲田大大学院准教授。19年から現職。世界の経営学の知見を企業経営者やビジネスパーソンが実践できる形でわかりやすく紹介している。主な著書に「世界標準の経営理論」(ダイヤモンド社)など。