週刊エコノミスト Onlineから

バイデン政権「1.9兆ドル経済対策」インフレ懸念は?

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
バイデン政権による1.9兆ドルの追加経済対策に注目が集まる (Bloomberg)
バイデン政権による1.9兆ドルの追加経済対策に注目が集まる (Bloomberg)

 バイデン新政権が新型コロナウイルス禍に対応する、1兆9000億ドル(約197兆円)という史上例のない大規模な追加経済対策案を打ち出した。これによるインフレを懸念する声と、心配は杞憂(きゆう)だとする意見の間で激論が戦わされている。

 保守派シンクタンクであるアメリカン・エンタープライズ研究所のジェームズ・ペトコーキス研究員は2月1日付のブログで、「現在の低インフレは、世界規模の労働力の増加と、中国や東欧のグローバル経済への統合によって(労働者の価格決定権が弱まったことで)人件費が低下し、デフレ圧力が増大し、金利が低下したことで起こった」との説を紹介。その上で、「近年、労働力は減少を始め、中国や…

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1384文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。