知ってトクするモバイルライフ

“2GBで月780円”格安スマホ「IIJ」が破格料金で勝負

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
月780円のプランを打ち出したIIJ(同社のホームページから)
月780円のプランを打ち出したIIJ(同社のホームページから)

 格安スマホ事業者大手のIIJ(インターネットイニシアティブ)は「IIJミオ」の料金プランを4月1日から大幅に改定する。

 音声通話対応のスマホ向けプランでは、2ギガバイト(GB)の料金が月780円。大手通信事業者の値下げプランを大きく下回る価格で勝負をかける。UQモバイルやワイモバイルといったサブブランドの台頭にも苦戦を強いられてきた格安スマホだが、IIJミオの新料金プランは、かつての勢いを取り戻せるかどうかの試金石になりそうだ。

UQより安くてデータ容量多い

 現在のIIJミオは、3GBで1600円の「ミニマムスタートプラン」、6GBで2220円の「ライトスタートプラン」、12GBで3260円の「ファミリーシェアプラン」の三つがある。だが、たとえばUQモバイルの3GBプランは1480円で、IIJミオの方が高くなってしまっている。容量の選択肢も主要なものは三つしかなく、利用者のニーズに対応し切れていなかった。

 そこで、新料金プランでは五つの容量に分け、それぞれを値下げした。前述した2GB・780円のほかに、4GB・980円▽8GB・1380円▽15GB・1680円▽20GB・1880円を作る。

 UQモバイルとの比較では、新料金プランで8GBを選ぶと、UQの3GBプランより100円安くて容量は5GBも多い。容量を同程度に抑えて4GBプランを選べば料金は500円安い。データ通信が使い放題になるプランはないが、小容量から中容量の料金で差別化を図った。

他の格安事業者よりさらに低価格

 他の格安スマホ事業者も前倒しで値下げを発表しているが、IIJミオの新料金プランは、これらを下回る。

 …

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1483文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。