週刊エコノミスト Onlineから

米国株高を支える「環境銘柄・設備投資・個人消費」

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

環境銘柄への期待

 バイデン大統領は就任早々、パリ協定復帰と気候変動サミット開催計画に言及。温暖化対策に後ろ向きだったトランプ政権からの転換を印象付けた。2020年11月にバイデン勝利が確実視されて以降、太陽光発電や風力発電、バイオ燃料(バイオマス)などのクリーンエネルギー関連30銘柄で構成される「世界クリーンエネルギー指数」が、S&P500株価指数を凌駕(りょうが)する勢いで上昇しており、イノ…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1354文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。