クルマ最新事情

高速の渋滞時に「運転お任せ」世界初ホンダのレベル3

川口雅浩・毎日新聞経済プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
レベル3の自動運転を実現し、ホンダが世界で初めて発売したレジェンド=東京都港区で2021年3月4日、梅村直承撮影
レベル3の自動運転を実現し、ホンダが世界で初めて発売したレジェンド=東京都港区で2021年3月4日、梅村直承撮影

 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転を実現した高級セダン「レジェンド」を3月5日に発売した。自動運転は高速道路渋滞時の低速域に限られるが、ドライバーは運転から解放され、ナビ画面で動画を見たり、スマホを操作したりできる。

 しかも、このレベル3のレジェンドは渋滞時、前に遅いクルマがいると自動的に車線変更し、追い抜く機能もある。この間、ドライバーはステアリングから手を放したままでよい。

 「渋滞時にクルマが運転を代行することで、事故の低減が期待でき、長距離ドライブが快適になる。この技術を世に出して、みなさんに喜んでもらいたかった」

 レジェンド開発責任者の青木仁さんは、メディア向けのオンライン説明会で、こう力を込めた。高速道路の事故は意外にも渋滞時が多く、ドライバーの不注意が原因という。自動運転は周囲のクルマを検知し、最適制御することで、渋滞時の事故を防ぐ効果も期待できる。

レベル2と3の違い

 自動運転のレベルは国際的に5段階に分かれている。レベル1が自動ブレーキなどの「運転支援」、レベル2が高速道路で前のクルマに追走し、手放し運転(ハンズオフ)などができる「高度な運転支援」だ。ここまではあくまで「ドライバー=人間」の運転だ。

 ここから先は運転がドライバーからシステムに代わり、本格的な自動運転となる。レベル3は高速道路など「特定条件下の自動運転」が認められたクルマで、レジェンドの場合、高速道路の時速30キロ未満の渋滞で自動運転のシステムが作動。時速50キロまで自動運転となり、さらに速度が上がるとドライバーに運転をバトンタッチする。

 このためドライバーは自動運転中、クルマの警告に…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1596文字)

川口雅浩

毎日新聞経済プレミア編集長

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部