経済プレミア・トピックス

脱原発の小泉元首相が語る「経産省から抗議ない」ワケ

川口雅浩・毎日新聞経済プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」主催の会議で講演する小泉純一郎元首相=東京都千代田区で2021年3月11日、幾島健太郎撮影
「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」主催の会議で講演する小泉純一郎元首相=東京都千代田区で2021年3月11日、幾島健太郎撮影

 「経済産業省の幹部から抗議が来るかと思ったが、一人も来ないね。なぜか。私が言ってることが本当だからだ。ケイサン(経産)省はケイサン(計算)違いをしている」

 いつにも増して、小泉純一郎元首相の弁舌は滑らかで、会場を沸かせた。

 2021年3月11日、東京・永田町の憲政記念館。小泉氏は自身が顧問を務める「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」主催の「福島原発事故から10年」と題したオンライン会議で講演した。

「全部ウソとわかった」

 小泉氏が「抗議が来るかと思った」というのは、原発はコストが安く、クリーンで安全という、経産省の主張に対し、「この三つの大義名分は全部ウソだとわかった」と、これまで全国各地の講演で主張してきたからだ。

 経産省の「計算」とは、東京電力福島第1原発事故後の15年に行ったコスト計算のことだろう。同省は安全対策や事故処理など「さまざまなコストをすべて盛り込んでも、原発は石炭火力など他の電源よりなお安い」と主張している。

 これに対し、小泉氏は「最近、東電は何と言っているか。損害賠償や廃炉にカネがかかるので、国に支援してくださいと言っている。原発は安いどころじゃない」と語気を強めた。

 これは東電の原発事故の賠償や除染にかかる費用が膨らんだため、政府が16年に事故処理費用の見積もりを従来の11兆円から22兆円に倍増し、東電など大手電力だけでなく、原発のない新電力にも負担を求めたことを指している。

「原発ゼロでやっていける」

 さらに小泉氏は原発から出る使用済み核燃料を再処理した後に…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文1172文字)

川口雅浩

毎日新聞経済プレミア編集長

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部