週刊エコノミスト Onlineから

コロナ禍で厳しい欧州経済「ロックダウン」を耐え忍ぶ

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
自動車業界は中国向け輸出の回復に期待するが…… (Bloomberg)
自動車業界は中国向け輸出の回復に期待するが…… (Bloomberg)

 ロックダウンの長期化が続く欧州経済は一時マイナス成長に陥る見込みだ。

 欧州各国は昨年3月、ロックダウン(都市封鎖)を実施し、人の流れを厳しく制限した。必要不可欠以外の店や飲食店・ホテルなどの営業は停止となり、さまざまなイベントも中止された。約1年が経過し、欧州の累計感染者数は3700万人超と世界全体の約3割を占め、依然として深刻な感染地域である。2020年のユーロ圏の経済成長率はマイナス6.6%と、リーマン・ショック後(09年のマイナス4.5%)を上回るマイナス幅になった。

 昨年末から感染力の強い変異株が広がったため、新規感染者は20年春のロックダウン第1弾の水準を上回ったまま、各国は年明け以降もロックダウンの強化・期間延長を余儀なくされている。

 また、夜間外出禁止など国内の行動制限に加えて、変異株の流入を防ぐ観点から国境管理を強化している。欧州経済は20年10〜12月期に続いて21年1…

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1505文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。