毎日家業×創業ラボ

家業に注ぐ「自分の情熱のすべて」宮治さん

永井大介・毎日みらい創造ラボ・アクセラレーター
  • 文字
  • 印刷
後進の家業経営者・後継者に講義する宮治勇輔さん=本人提供
後進の家業経営者・後継者に講義する宮治勇輔さん=本人提供

 農業を「かっこよくて・感動があって・稼げる、の新3Kにする」と大きな志を持ち、父昌義さんから実家の養豚業を引き継いだ宮治勇輔さん(42)。「バーベキュー・マーケティング」でみやじ豚のブランド化に成功しました。連載最終回となる4回目は、宮治さんの「農家の小せがれこそ農業を継ぐべきだ」という熱い思いと後継ぎ支援の取り組みを紹介します。

私の家業ストーリー<4>

 「生産からお客さんの口に届けるまでを一貫してプロデュースする」。養豚業を引き継ぐ決意をし、父昌義さんに何度も自らが描く理想の養豚業を熱く語ってきた勇輔さん。これまで作り上げてきたビジネスモデルは、その思いを形にするためのものだった。

 農協を通じて問屋に枝肉を納品し、飲食店などから注文を受けた段階で、問屋から買い戻す新たな手法を構築した流通イノベーション。バーベキューを定期開催してみやじ豚を実際に食べてもらい、口コミやネット交流サービス(SNS)を通じてファンを増やしていくファンマーケティング――。しかし、こうした革新の礎になったのは、本家から数えれば江戸時代から続く宮治家の農業だ。

 代々の土地で、続く家族経営。規模の拡大を望んできたわけではない。父が挑戦してきたおいしい豚肉作りを弟の大輔さんが引き継ぎ、勇輔さんが担ったのは、その生産物から最大の効果が得られるようにする仕組み作りだった。みやじ豚は、兄弟が継いでから3年で売り上げが5倍に伸びた。

 「ファミリービジネスは伸びしろがたくさんある」。それが勇輔さんの実感だ。

縮小…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1839文字)

永井大介

毎日みらい創造ラボ・アクセラレーター

 1975年神奈川県生まれ。住友銀行(現三井住友銀行)を経て2000年、毎日新聞社に入社。山形支局、東京社会部を経て、東京経済部で中央官庁や日銀、自動車、鉄道などを担当した。17年からベンチャー支援を行い、30社以上の立ち上げに関わったほか、毎日新聞社の新規事業創出も担っている。NEDO高度専門支援人材フェロー。実家は神奈川県厚木市の測量会社。