週刊エコノミスト Onlineから

東証の「市場区分再編」は日本株の上昇要因になるか

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 東京証券取引所が実施する東京市場の区分とTOPIX(東証株価指数)の構成銘柄の見直しは、日本企業にガバナンス(企業統治)強化への動機を生むことで、中長期的には日本株の上昇要因になる可能性がある。

 現在の東証市場では、一旦、1部市場に上場すれば、2期連続債務超過になるなどの極端な条件に陥らない限りは、企業価値を上げず時価総額が低迷しても上場が維持され、それが経営陣に株主との対話のインセンティブを生まない要因の一つとされていた。

 そこで、東証は22年4月に、現在の東証1部、東証2部、ジャスダックスタンダード、ジャスダックグロース、マザーズの5区分をプライム、スタンダード、グロースの3区分に再編す…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1320文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。