けいざい多面鏡

孫正義氏が個人保証する“腹心”の200億円自社株買い

今沢真・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=同社ホームページから
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=同社ホームページから

 携帯大手ソフトバンクは4月1日、驚きの内容が書かれた1枚のリリースを発表した。「当社代表取締役社長 宮川潤一による200億円規模の当社株式の取得について」との表題がついていた。この日副社長から社長に昇格した宮川氏(55)が、会社から融資を受けて市場から自社株を購入するというのだ。

 社長が自社株を購入し、保有すること自体は一般的なことだ。業績向上への意識付けとしてむしろ推奨されている。ただし200億円という巨額の自社株を、社長が個人で購入する例は聞いたことがない。この先、株価が上昇すればいいが、仮に1割でも下落すれば20億円の評価損を抱えることになる。リスクもあるこのようなことを、なぜするのだろうか。

購入資金は会社が融資

 公表されたリリースには次のことが書いてあった。(1)一定の価格と条件の範囲で証券会社に一任し、4月2日から一定期間で購入する(2)購入資金は、ソフトバンクが宮川氏個人に融資する――といった内容だ。

 また、リリースによると、宮川氏はすでにソフトバンク株を約47万株保有している。仮に3月末時点の株価で200億円規模の追加購入をすると、合わせて約1437万株(発行済み株式の0.3%)の保有になるという。

 グループ創業者の孫正義氏が保有するソフトバンク株は80万株で、宮川氏はそれを上回り、同社役員ではダントツになる。ただし、孫氏はソフトバンクの親会社であるソフトバンクグループの株式を4億6240万株保有し、同社の発行済み株式の24.6%を保有する筆頭株主だ。

 ちなみに3月末時点のソフトバンク株の株価は1438.5円、ソフトバンクグループの株価は9330円だった。

孫氏を支える中心人…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1416文字)

今沢真

経済プレミア編集部

1983年毎日新聞入社。89年経済部。日銀キャップ、財研キャップ、民間企業キャップを歴任。2013年論説委員。15年経済プレミア創刊編集長。19年から同編集部。16年に出版した「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)がビジネス部門ベストセラーに。ほかに「東芝 終わりなき危機」など。16~18年度城西大非常勤講師。