週刊エコノミスト Onlineから

いよいよ来るか「インフレ」恐ろしい輸入物価の上昇

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
物価上昇が人々の懐を直撃する……
物価上昇が人々の懐を直撃する……

 2021年に入って米長期金利が上昇ペースを速めてきた。理由はインフレ懸念だとされる。米国では、物価連動債(物価上昇率に応じて元本が調整される債券)の利回りと名目長期金利の差分で表される「期待インフレ率」も、20年中盤から徐々にプラス幅を広げてきた。世界中でこれだけ金融緩和をすれば、インフレ予想もさすがに高まってくる。米連邦準備制度理事会(FRB)も注視しているはずだ。

 こうしたインフレの兆候は、金融市場だけで起きている現象ではなく、さまざまな商品市況でも同時に進んでいる。NY原油先物価格(WTI)は、年初から1バレル=50ドルを超えて、今年3月には一時65ドル近くまで上昇した。エネルギー価格の上昇は消費者物価指数など各種物価指標を21年前半にかけて大きく押し上げていくことだろう。

 市況の高騰は、穀物や金属にもみられる。小麦、トウモロコシ、大豆の国際市況上昇の背景には、いくつもの要因が絡み…

この記事は有料記事です。

残り1789文字(全文2189文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。