週刊エコノミスト Onlineから

原油高が「砂糖と食用油」の高騰をまねくカラクリ

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
サトウキビのエタノール向け需要が増えて砂糖価格を押し上げている(インド)(Bloomberg)
サトウキビのエタノール向け需要が増えて砂糖価格を押し上げている(インド)(Bloomberg)

 国連食糧農業機関(FAO)の2月食料価格指数は平均116・0ポイントとなり、9カ月連続の上昇で2014年7月以来の高値を記録した。目立つのが砂糖と食用油価格の高騰だ。過去1年で砂糖指数は9・6%、植物油指数は51・0%上昇している。

 足元で原油価格が高騰しているが、それが砂糖価格にも大きな影響を及ぼすことはあまり知られていない。砂糖は主にサトウキビが原料になり、圧砕して搾り取った汁を煮詰めて結晶化させたものが原料糖になる。ただ、サトウキビからはエタノール生産も可能であるため、原油高でエタノール価格が高騰する中、圧砕工場が砂糖の生産比率を引き下げるとの観測が浮上している。

 砂糖はブラジル、イン…

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1242文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。