人生に必要な「おカネの設計」 フォロー

お金を増やしたい20代の「確定拠出年金と投資」の基本

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
 
 

 会社員のA美さん(23)は昨春に大学を卒業し、企業に入社しました。新入社員研修の時に企業型の確定拠出年金(DC)の説明を受けました。「人生100年時代」といわれる中、最近になって将来のためにお金を増やしたいと思ったそうです。A美さんは「企業型DCの活用の仕方と投資の基本について教えてください」と私のところへ相談に来ました。

確定拠出年金の仕組み

 A美さんは研修で「運用の結果次第で将来受け取れる額が違ってくる」と言われました。しかし、未経験の投資に対して不安があり、運用と言われても何をどうしたらいいかわからない、といいます。まず、DCの仕組みについて説明しました。

 DCは公的年金に上乗せする私的年金制度です。企業型DCと個人型DC(iDeCo)があります。企業型DCを導入する会社の従業員は、会社が掛け金を出し、従業員が金融商品を選んで運用します。iDeCoは、基本的に個人が金融機関に専用の口座を設けて掛け金を出し、自分で運用します。

 企業型DCの掛け金は、確定給付企業年金(DB)など他の制度の加入者以外は月5万5000円までです。iDeCoは個人の属性で異なり、企業型DCのない会社の従業員や第3号被保険者の掛け金は月2万3000円までです。DCで選べる商品は投資信託や定期預金などです。

 企業…

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1714文字)

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、社会保険労務士、MZ Benefit Consulting 代表取締役、オフィスベネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、顧客本位の独立系アドバイザーとして、家計相談、執筆、講演などを行っている。著書に「結局、2000万円問題ってどうなったんですか?」(サンマーク出版)など多数。