毎日家業×創業ラボ

「究極の脱力系企業」ワークマン強さの秘密

入山章栄・早稲田大大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授
  • 文字
  • 印刷
「ワークマン女子」の店舗=ワークマン提供
「ワークマン女子」の店舗=ワークマン提供

 「ワークマンプラス」「ワークマン女子」と次々に新業態を成功させているワークマンは、家業(ファミリービジネス)経営を展開する企業の一つとも言えるでしょう。同社はベイシアグループ創業家である土屋家の出身で、三井物産に勤めていた土屋哲雄さんが経営改革を進めてきました。早稲田大院ビジネススクールの入山章栄教授が「究極の脱力系企業」と呼ぶワークマンの強さとは。2回にわたって解き明かします。

入山章栄教授の「未来を拓く経営理論」

 これまでも論じてきましたが、イノベーションには、新しいアイデアが必要です。これは「知」を組み合わせることによって生まれますが、目の前にある知だけを活用する「知の深化」では、やがてアイデアが枯渇してしまうため、離れたところにある知を見つけてくる「知の探索」が不可欠です。

 ワークマン躍進のキーマンである土屋哲雄専務は、三井物産で「知の探索」を長年行った方です。商社の仕事を通じ多様な事業分野について知り、特にいくつもの新規事業の開発を手掛ける中で、広い視野を持つことになりました。

 その土屋さんが、ワークマン入りして気づいたのは、ワークマンが典型的な「知の深化」型の会社であるということでした。長い間ひたすら作業着を作り続けてきた同社はその分野での「深掘り」にすぐれ、強い現場力が備わっていた。一方で「知の探索」を続けてきた土屋さんは、この現場力をもっと生かそうと考えました。

土屋専務が進化させる「頑張らない経営」

 少し説明します。土屋さんはワークマンに「しない経営」を取り込んでいきました。社員にノルマや仕事の期限を設定しない。値引き販売や新製品を毎年開発するなど、アパレルメーカーのような戦略は採らない。社内行事や経営幹部の出社などムダなことはしない、といった具合です。低価格・高品質を維持し、社員の能力を引き出すためにも、余計なことをしない。いわば「頑張らない経営」です。

 成功を収めた「ワークマンプラス」や「ワークマン女子」にしても、以前から構想はあったそうですが、とにかく早く動くのではなく、検討を重ねて時期を待って、ゆっくりと動き出しました。今世間で「優れてい…

この記事は有料記事です。

残り1350文字(全文2246文字)

入山章栄

早稲田大大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授

 1972年生まれ。慶応大学経済学部卒業。米ピッツバーグ大経営大学院から博士号を取得。2013年に早稲田大大学院准教授。19年から現職。世界の経営学の知見を企業経営者やビジネスパーソンが実践できる形でわかりやすく紹介している。主な著書に「世界標準の経営理論」(ダイヤモンド社)など。