週刊エコノミスト Onlineから

脱炭素の本命?CO2+水素の「メタネーション」技術

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 2050年までに二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量を実質ゼロ(カーボンニュートラル)にするという日本政府による国際公約を果たす上で、大きな役割を担うと期待されているのが、CO2を大気中に出さずに回収して、資源として再利用する「カーボンリサイクル(炭素の再利用)」と呼ばれる一連の技術群だ。

 その多くは研究開発途上もしくは構想段階レベルにとどまるが、一部は製品として実用化されている。この分野では、日本が米国、ドイツとともに世界の先頭を走っており、政府も支援に力を入れている。

一転「優等生」へ

 カーボンリサイクルの実用化で有力視されているのが、都市ガス業界が構想している「メタネーション」と呼ばれる技術だ。水素とCO2を合成して都市ガスの主成分であるメタン(CH4)を作り出す(図)。メタンは可燃性ガスの一つで、一般的に使用される天然ガスの主成分である。

 製鉄所や石炭火力発電所などで…

この記事は有料記事です。

残り1742文字(全文2140文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。