週刊エコノミスト Onlineから

エネルギー分野のデジタル革命「仮想発電所」って何?

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

 菅義偉政権がこれからの成長戦略の2本柱としているのは、「脱炭素」と「デジタル化」だが、「脱炭素」において最も価値を生み出すのが「デジタル化」だというのが、世界の共通認識だ。

 簡単に言えば、太陽光発電や風力発電といった、変動する再生可能エネルギーの増加にしたがって、それを制御し、効率よく使っていくための技術が必要となっていくからだ。

仮想発電所が活況

 そのために蓄電池はもちろんのこと、電気自動車(EV)用充電器や空調、給湯、ヒートポンプなどのさまざまな機器の運用が重要になってくる。これらを連携し一つの発電所のように運用するものを、「仮想発電所(VPP)」という。

 こうした技術こそ脱炭素に向けた、エネルギー分野の「デジタルトランスフォーメーション(DX)」といえよう。さらにその周辺には、エネルギーの持つビッグデータを運用・解析するビジネスも広がっている。

 世界最大のVPP事業者の一つに、ド…

この記事は有料記事です。

残り1843文字(全文2241文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。