知ってトクするモバイルライフ

鍵をなくしてもアップル「エアタグ」あればすぐ発見

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
落とし物の発見を助けるエアタグ。サイズは500円玉よりやや大きい程度
落とし物の発見を助けるエアタグ。サイズは500円玉よりやや大きい程度

 アップルは、探し物の発見を助ける「AirTag(エアタグ)」を4月30日に発売する。筆者は一足先にエアタグを試すことができた。その使用感をお伝えしたい。

 エアタグは、500円玉より一回り大きい直径31.9ミリ、厚さ8ミリ。碁石を大きくしたような形だ。財布、鍵、バッグ、自転車など大切なものに付けておくと、紛失時に探せるようになる。

設定はとても簡単

 探す仕組みは簡単で、エアタグはブルートゥースを使って、近くにあるiPhoneやiPadなどiOSが入った端末と通信する。電波を受信した端末が、ネット上に場所をアップロードすることで、エアタグの位置を特定できるようになる。通信は暗号化されており、電波を受信した他人の端末はもちろん、アップルも個人情報は特定できない。

 財布なら小銭入れにコインと交ぜて入れておくことができる。エアタグをキーホルダー代わりにするためのホルダーや、バッグに巻き付けておくためのアクセサリーも販売する。重量は11グラムと軽いため、気軽に取り付けることができる。

 エアタグを使うための設定は非常に簡単だった。エアタグをiOS 14.5以上がインストールされているiPhoneに近づけると、画面上にポップアップが表示される。鍵や財布など、取り付けるものを選んで名前をつけ、iPhoneに登録してあるアップルIDを書き込めば設定は完了する。iPhone側で「探す」アプリを開くとエアタグのある場所が表示される。

無くした物がある方向がわかる

 筆者は傘に付けたエアタグをあえて自宅に置きっぱなしにし、鍵と財布にはそれぞれ別のエアタグをつけて事務所に出勤してみた。「探す」アプリを…

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1654文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。