週刊エコノミスト Onlineから

「いま米国株への長期投資」は理にかなっているのか?

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
米国の株式市場は好調が続く (Bloomberg)
米国の株式市場は好調が続く (Bloomberg)

 米国を代表する株価指数のS&P500が史上最高値を更新し続けている。コロナ禍、世界で最も多くの死者を出した米国の株価指数が、である。一体なぜなのか。

 株式市場は経済の先行指数と言われる。S&P500が半年から1年先の米国経済の回復を織り込むという市場の基本的なメカニズムが機能しているだけのことである。回復に向かう背景として、米国政府がコロナ禍で急激に悪化した米国経済を立て直すべく自らの威信にかけてこれでもかと展開した「メガ級」の経済対策に加え、米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な金融政策が米国経済回復のバックボーンになっている。

 昨年春、米国では政府の責任において米国経済を一時的に停止させた。当時のムニューシン財務長官は「米国経済を政府の責任において一時的に止めるので、再開したら政府の責任において元の状態に戻す」と発言していた。

 施策の一つとして、米国政府はほぼ全ての国民に1人当たり総額35万円相当の給付金を支払った。そのお金は一時的に預金に、また株式市場に回ったというようなデータもあるが、最終的に消費に向かった資金も少なくはないはずだ。

 実際米国の今年1〜3月の個人消費は年率7・2%増と堅調な数字を発表している。米国政府によって経済対策に使われた資金は経済へ回り、企業はその恩恵を受けている。そのようなこともあり、米国企業の業績も堅調に推移してきているのだ。

 今年1月の半ばに発表された昨年第4四半期の前年同期比の決算発表は元々9%の減益予想だったが、実際には5・8%の増益とプラスに転じた。4月の半ばから発表されている今年の第1四半期の決算は、前年同期比で23・8%の増益予想だ(図1)。その後についても2桁の増益が続くと予想されている。この業績の回復が株価指数の上昇継続を正当化している。

割安銘柄大きく上昇

 米国株市場では、長い間GAFAM(アルファベット〈グーグ…

この記事は有料記事です。

残り1583文字(全文2381文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。