石角友愛のシリコンバレー通信

改善されぬ女性の離職 コロナ下の在宅勤務に壁

石角友愛・パロアルトインサイトCEO
  • 文字
  • 印刷
新型コロナウイルスの流行が続く中、女性の離職問題はなかなか改善されない
新型コロナウイルスの流行が続く中、女性の離職問題はなかなか改善されない

 昨年10月にこの連載で「コロナ禍で女性の4人に1人が離職を考える理由とは」という記事を書き、多くの反響があった。当時の調査結果で、労働人口に属する女性――とりわけマイノリティーの女性――の25%が新型コロナウイルス感染拡大の影響で離職、またはキャリアダウンを強いられていることがわかったのだ。

150万人近くの母親に影響

 残念ながらこの状況は改善していない。先日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)で、コロナ禍において、150万人近くもの学齢期の子供の母親が社会から遠のくことになったという記事が掲載された。

 1980年代以降、史上最低の女性の労働参加率を記録したとのことで、ダイバーシティー(多様性)やインクルージョン(社会的包摂)の重要性が当たり前になりつつある今、改めて企業が問題に直面している。

 理由としては、学校閉鎖の継続、オンラインで授業が行われるバーチャルスクールとリモートワークの両立の難しさ、魅力的な条件の仕事がそもそも市場にないことなどが挙げられる。

筆者も両立に苦労

 私自身、小学校高学年と年長の子供がいるので、…

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1777文字)

石角友愛

パロアルトインサイトCEO

 2010年にハーバードビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得後、米グーグル本社でシニアストラテジストとして、多数のAIプロジェクトを手がける。グーグル退社後、人事系スタートアップや流通系AIベンチャーを経て、2017年に日本企業にAI開発を行うパロアルトインサイトを起業。著書に「いまこそ知りたいAIビジネス」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。