週刊エコノミスト Onlineから フォロー

日本のロケット開発「使い捨て」から脱却できるか

週刊エコノミスト Online
2021年3月17日、鹿児島の種子島宇宙センターにて「極低温点検」を実施したH3ロケット ©JAXA
2021年3月17日、鹿児島の種子島宇宙センターにて「極低温点検」を実施したH3ロケット ©JAXA

 鹿児島県の種子島宇宙センターに3月17日、日本の次世代大型ロケット「H3」が姿を現した。ロケットは18日にかけて、実際の打ち上げ時とほぼ同じ状態を模擬し、作業性や手順を確認する「極低温点検」を実施。良好な結果に終わり、開発における大きな山を一つ越えた。

 H3は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業などが開発しているロケットで、2021年度中に試験機1号機の打ち上げを目指している。完成後は、日本の宇宙輸送の自律性を維持し続けるとともに、国際的な人工衛星の商業打ち上げ市場において、欧米のロケットからシェアを奪うことも狙っている。

 今回実施した極低温点検とは、極低温の推進剤である液体酸素や液体水素を初めて機体に充填(じゅうてん)し、打ち上げ直前までの手順をリハーサルするものだ。ここで大きな問題が見つからなかったということは、打ち上げに向けて大きく前進したことを意味する。しかし、H3の開…

この記事は有料記事です。

残り3224文字(全文3624文字)

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。