知っておきたい住宅・不動産

防災に知っておきたいマイホーム「地盤の揺れやすさ」

さくら事務所・個人向け不動産コンサルティング
  • 文字
  • 印刷
熊本地震で倒壊した家屋の間を縫うように歩く人たち=熊本県益城町で2016年4月28日、猪飼健史撮影
熊本地震で倒壊した家屋の間を縫うように歩く人たち=熊本県益城町で2016年4月28日、猪飼健史撮影

 東日本大震災から10年。今年に入ってからも各地で地震は頻発している。防災を考える場合、住まいの耐震性ばかりを考えがちだが、その場所の「地盤の揺れやすさ」も被害を大きく左右する。地盤を意識した住まい選びが重要になっている。

熊本地震で分かった被害差

 2016年4月に発生した熊本地震で、大きな被害のあった熊本県益城町では、同一エリア内であっても数百メートル離れただけで、家が複数倒壊したところと倒壊しなかったところに分かれるという被害の差が生じた。この要因は「地盤の揺れやすさ」にあったとされる。

 「地震に強い住まい」といえば、建物が「堅牢(けんろう)」であることだと考える人は多いだろうが、実は、地盤の揺れにくさも地震への強さに大いに関係する。

 一般に、マグニチュードで示される地震の規模が大きく、震源からの距離が近いほど地震の揺れは大きくなる。だが、地震の規模や震源からの距離が同じでも、地表面近くに堆積(たいせき)している地盤(表層地盤)の違いによって揺れの強さは大きく異なる。

 この地盤が軟らかい場所はゆっくり大きく揺れ、硬い場所は小刻みに揺れる。地盤が軟らかい場所では、上に建つ建物も大きく揺れることで変形しやすくなり、ひどい場合は倒壊してしまう。

自治体が「揺れやすさマップ」を提供

 建物を建てる際には地盤調査を行う。だが、従来の地盤調査では「地盤の揺れやすさ」は確認していなかった。

 一戸建てを建てる際の地盤調査は「スウェーデン式サウンディング(SWS)試験」が一般的だ。重りを取り付けた器具を地面にねじ込んでいき、ねじ込みやすいかどうかを見ることで、建物の重さに地盤が耐えられるか…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1929文字)

さくら事務所

個人向け不動産コンサルティング

業界初の個人向け総合不動産コンサルティングサービス会社として1999年設立。本社は東京都渋谷区。住まいの「かかりつけのお医者さん」である住宅診断(ホームインスペクション)のパイオニアで、5万件超と国内トップの実績。マンション管理組合向けコンサルティング、不動産購入に関するアドバイスなども広く提供している。