知ってトクするモバイルライフ

ドコモのWi-Fi接続「ホーム5G」光回線より普及するか

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
NTTドコモは「ホーム5G」のサービスを8月下旬に始める。ルーターはシャープ製
NTTドコモは「ホーム5G」のサービスを8月下旬に始める。ルーターはシャープ製

 NTTドコモは、新サービスの「ホーム5G」を8月下旬に始める。ホーム5Gは、携帯電波を利用して室内でWi-Fiが使えるようにする機器。役割は固定の光回線に近いが、メリットは設定が簡単なことだ。ドコモはこれまで、スマートフォンやWi-Fiルーターなど持ち運びができる端末を中心に事業を展開してきたが、方針を転換した。

 このサービスは、規格の進化で通信速度が速くなったことで各国で導入が進んでおり、ドコモもこの波に乗った形だ。日本では、KDDIやソフトバンクもすでに同様のサービスを行っている。

光回線と料金はほぼ同じ

 光回線は、申し込むと調査や工事が必要で、実際にケーブルを引くため、サービス開始までに時間がかかる。マンションなどの集合住宅では、配線の関係で特定の事業者の光回線を設置できないケースも少なくない。これに対し、携帯電波を利用するホーム5Gなら、店頭で購入して家で電源を入れるだけ。最短で当日中に利用が可能になる。

 一方のデメリットは、通信速度が光回線に比べると限定的になることだ。ただ、4Gの高速化と5Gの導入により差は埋まりつつある。ドコモがホーム5G用に採用したシャープ製のルーターは、下りの通信速度が最大毎秒4.2ギガビット。携帯電波のため、基地局からの距離や同時に利用する人の数など環境によって速度が大きく変わるが、テレビで動画を見たりパソコンをネットにつないだりするだけならこれで十分な人は多いだろう。

 料金は月4950円で、スマホ向けプラン「5Gギガホ プレミア」などと同様、データは使い放題だ。ドコモ光の定額プランの場合、マンションは月4180~4400円、戸建ては月5…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文1388文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。