週刊エコノミスト Onlineから

「NISAとイデコの二刀流」かなり大きい税制優遇の威力

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷

NISAとiDeCoは両方使え

 投資している株式や投資信託、債券の値上がり益や配当金、分配金、利息などの運用益には、20・315%が課税される。内訳は、所得税が15%、復興特別所得税(東日本大震災による被災地復興の財源確保を目的として2037年末まで課税される)が0・315%(15%×2・1%)、住民税が5%となっている。

 仮に運用益が100万円あったとしよう。ここから20・315%を差し引かれると、手元に残るのは79万6850円になってしまう。致し方ないことだが、「課税されなかったら100万円を丸々手にできたのに……」と心の中で思っている人は少なくないだろう。

 そこで活用したいのが、「個人型確定拠出年金制度(iDeCo=イデコ)」と「少額投資非課税制度(NISA)」という、運用益にかかる税金が非課税となる制度だ。

 iDeCoは、公的年金(国民年金や厚生年金)に上乗せして給付を受ける私的年金の一つで、毎月一定金額(掛け金)を口座振替もしくは給与天引きで積み立て、その資金を自分で運用し、運用成績によって将来の受取額が変動する仕組みだ。メリットは、(1)掛け金全額が所得控除の対象になる、(2)売却益や配当金、分配金、利息が非課税になる(積立金には別途1・173%の特別法人税がかかるものの、現在までは課税が凍結されている)、(3)老後に年金や一時金として受け取る際に「公的年金等控除」や「退職所得控除」がある──という三つの税制優遇措置があること。

 iDeCoでは、自分で掛け金を拠出し、自分で運用し、運用成績によって受け取れるお金が異なる。20歳以上60歳未満(22年5月からは65…

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文2037文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。