週刊エコノミスト Onlineから フォロー

中国版「大学は出たけれど」非IT組はニート直行へ?

週刊エコノミスト Online
若者の失業が政府批判に発展するか (Bloomberg)
若者の失業が政府批判に発展するか (Bloomberg)

若年層の失業率が高水準

 新型コロナウイルス禍をいち早く抜け出した中国は、経済成長率がV字回復し、失業率もコロナ前のレベルまで低下した。しかし、若年層(16〜24歳)の失業率(都市部)を見ると、昨夏の16.8%をピークに低下してはいるが、13.8%と依然高水準にある(図1)。

 若年層の失業率が高い背景には、雇用のミスマッチがある。中国は1990年代後半に、経済の高度化、IT化、国際化を担う人材を育成しようと、多くの大学を新設した。中国教育部が発表した高等教育機関(大学など)への就学率は、2019年に51.6%に達しており、新社会人の2人に1人は大学卒という状況になっている(図2)。なお日本の大学・短大進学率は58.6%(20年度)だ。巨大な人口を抱える中国が、これだけの大学等就学率を記録していることは、驚異的ともいえる。

大卒ゆえに就職できず

 こうした状況を背景に、最近では、ビッグデー…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文888文字)

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。