藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

コスタリカからニカラグアへ「バスで国境越え」の旅

藻谷浩介・地域エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
中米各国を結ぶ「ティカバス」。コスタリカからニカラグアに入る国境で長時間停車中(写真は筆者撮影)
中米各国を結ぶ「ティカバス」。コスタリカからニカラグアに入る国境で長時間停車中(写真は筆者撮影)

中米バスの旅編(1)

 南北アメリカ大陸をつなぐ中米の地峡部分には、七つの小さな国が連なり、パンアメリカンハイウエー(実態は曲がりくねる2車線路)でつながっている。北西側のグアテマラとベリーズ、南東側のパナマには訪問経験があったが(「パナマ 狭い地峡が運河を生みインカ帝国滅亡を早めた」参照)、中間の4カ国は未訪問だった。そのコスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス、エルサルバドルを、国際バスに乗って縦断してみたのは、新型コロナウイルスの感染が広がる直前の、2020年1月の正月明けである。

ヒューストン経由で首都サンホセへ

 行きは成田から米国のヒューストン乗り換えでコスタリカの首都サンホセへ。そこからバスでエルサルバドルの首都サンサルバドルへ1000キロ余りを移動し、帰りはサンサルバドルからメキシコ市経由で成田へ。行きの搭乗時間は12時間プラス4時間。帰りは2時間プラス15時間。往復とも、乗り換え空港で一度入国しなければならない仕組みが少々面倒だ。

 現地時間の昼過ぎに着いたサンホセ空港は、野生動物や美しい鳥類が目玉のエコツアーに訪れた欧米人観光客でごったがえしていた。ビザも書類書き込みも不要で、係官も感じがいいが、ピークに合わせた人員配置がないようで、入国審査に長い列がある。税関検査にも再度並んで、外へ出るのに1時間半を要した。

 サンホセは北緯10度の熱帯地域にあるが、東西に延びる2000メートル級の二つの山脈に挟まれた、標高1000メートル少々の盆地の町で、訪れた乾期は日本の初夏のような気候だ。予約していたタクシーで、所要20分で着いた小さなホテルは、花の咲き乱れる中庭を持った…

この記事は有料記事です。

残り2259文字(全文2955文字)

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外114カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。