藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

ニカラグア首都マナグア 活火山帯の真上にある街へ

藻谷浩介・地域エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
ニカラグアの首都マナグアの街頭に並んだクリスマス飾り(写真は筆者撮影)
ニカラグアの首都マナグアの街頭に並んだクリスマス飾り(写真は筆者撮影)

中米バスの旅編(2)

 コロナ禍直前の2020年1月初旬、南北アメリカ大陸をつなぐ中米の地峡部分にある、コスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス、エルサルバドルを、ティカバス社の国際バスに乗って縦断する筆者。コスタリカの首都サンホセを朝6時に出て、ニカラグア国境に着いたのは午前11時過ぎだった。

1人当たりGDPはコスタリカの6分の1

 コスタリカの出国手続きは、運転手が乗客のパスポートを集めて係官に手渡し、戻ってくるまでバスの中で15分ほど待つだけで済んだ。100メートルほど走った先で、今度はニカラグアの入国手続きとなる。係官が乗ってきて、パスポートを渡し、1人14米ドルを徴収された。20ドル札しか持ち合わせがなかったので「お釣りをくれ」と言うと、係官は「後で」と言ったが、結局その係官に再び会うことはなく、お釣りは戻ってこないままだった。

 さて、そのまま20分ほどバスに乗っていたのだが、突然に、荷物を検査するので持って降りろとの指示。中米は南米コロンビアなどで生産される麻薬の、米国への密輸ルートになっているため、検査は厳重になっているようだ。マフィアは、何度も国境を越えるバスでは麻薬を運ばないと思うが、それも国境検査あってのことではある。

 荷物検査は、ランダムにカバンを開けて行うため、30分以上かかった。その間に、露店で昼食を取る乗客が多い。パスポートが戻ってきて、国境を出発できたのは、着いてから1時間半以上も後だった。

 ニカラグアは南北米州でも特に貧しい国の一つで、1人当たり国内総生産(GDP)はコスタリカの6分の1以下しかない。しかし国境を越えると、意外にも路面の整備状況は…

この記事は有料記事です。

残り2227文字(全文2923文字)

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外114カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。