週刊エコノミスト Onlineから

「環境強国へ猛スピード」中国の恐るべき“野心”

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
中国の太陽光パネルと風力発電機。広大な国土は再エネ導入にも有利だ(中国甘粛省) (Bloomberg)
中国の太陽光パネルと風力発電機。広大な国土は再エネ導入にも有利だ(中国甘粛省) (Bloomberg)

脱炭素の速度は米国の倍

 世界は脱炭素を競い合う段階に移行した。1997年に京都議定書が締結され、温室効果ガスを削減する国際的な枠組みができた。しかし、米国などの離脱や途上国に義務付けがないなど、議定書の有効性は不十分なものであった。97年には227億トンだった二酸化炭素(CO2)排出量は2019年には342億トンとなり、約20年で50%も増加してしまった。00年以降のCO2排出の増加の主役は中国であり、この間の排出量は33億トンから98億トンと3倍増、世界の増加量の57%を占めていた。

 ところが、その中国が急速に脱炭素へとシフトしてきている。経済の脱炭素度を示す国内総生産(GDP)当たりのCO2排出量について、中国はいまだ先進諸国に届かないものの急激に改善している(図1)。19年には99年の米国に相当する水準に到達している。

 中国の第14次5カ年計画(21~25年)のGDP当たりのCO2排出量目標をシミュレーションすると、25年の中国は09年の米国や95年の欧州諸国の水準に達することになる。これは米国の倍のスピードでCO2排出効率を改善することを示しており、この水準でのCO2は19年の水準から全く増えていないことを意味している。

 中国は05年をピークに、経済成長に伴うCO2排出量を減少させるデカップリング(切り離し)を進め、10年代には石炭消費量の増加を停止させることに成功してきた。しかし第14次5カ年計画が示す目標は、経済成長に伴いまったくCO2排出量を増加させない完全なデカップリングを示している。それほど野心的な目標であるが、これまでの実績からいえば中国はこの目標を実現…

この記事は有料記事です。

残り1871文字(全文2569文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。