身近なデータの読み方

「世界遺産」最も多い中国とイタリア 日本は何番?

篠原拓也・ニッセイ基礎研究所主席研究員
  • 文字
  • 印刷
復元された三内丸山遺跡の大型掘立柱建物と大型竪穴建物=2020年9月29日、山衛守剛撮影
復元された三内丸山遺跡の大型掘立柱建物と大型竪穴建物=2020年9月29日、山衛守剛撮影

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会が7月16日から開かれている。日本からは、文化遺産と自然遺産で一つずつ登録が見込まれている。日本の登録数は、年々増えてきているが、世界的にみて多いのだろうか。また、世界遺産の登録については、これまでさまざまな偏在問題があった。今回は、世界遺産の登録数についてみていく。

日本の世界遺産登録数は

 今年の世界遺産委員会は、7月16~31日の日程だ。昨年は新型コロナウイルス感染症の流行で延期されたため、2年ぶりの開催となる。当初は中国の福建省福州市で開催予定だったが、新型コロナの影響でオンラインに切り替えられた。延期された昨年分と合わせて審査する。

 日本からは、自然遺産として、多くの絶滅危惧種が生息する「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」。文化遺産として、青森市の三内丸山遺跡などで構成される「北海道・北東北の縄文遺跡群」が登録候補に挙がっている。

 世界遺産は、世界遺産条約に基づいて、委員会で審議のうえ登録する。同条約は、1972年にユネスコで採択されたが、日本が批准したのは92年と遅かった。その要因として、文化財保護法などの法制が整っていて、世界遺産の必要性が社会で認識されにくかったことなどがあるといわれている。

 93年には、日本の「法隆寺地域の仏教建造物」「姫路城」「屋久島」「白神山地」の四つが登録された。その後、登録数は年々増加…

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1701文字)

篠原拓也

ニッセイ基礎研究所主席研究員

1969年、東京都生まれ。早稲田大理工卒。92年、日本生命入社。2014年から現職。保険事業の経営やリスク管理の研究、保険商品の収益性やリスクの評価、社会保障制度の調査などを行う。公益社団法人日本アクチュアリー会正会員。著書に「できる人は統計思考で判断する」(三笠書房)がある。