クルマ最新事情

ここまで違う!「トヨタ86とスバルBRZ」走ってみて驚いた

川口雅浩・毎日新聞経済プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
発売前のトヨタGR86とスバルBRZの走りを比較することができたメディア向け試乗会=千葉県の袖ケ浦フォレストレースウェイで2021年7月13日、川口雅浩撮影
発売前のトヨタGR86とスバルBRZの走りを比較することができたメディア向け試乗会=千葉県の袖ケ浦フォレストレースウェイで2021年7月13日、川口雅浩撮影

走ってみたトヨタ86とスバルBRZ(1)

 トヨタ自動車とSUBARU(スバル)が共同開発した新型スポーツカー「トヨタGR86(ハチロク)」と「スバルBRZ」のプロトタイプ(発売前の最終試作車)に千葉県の「袖ケ浦フォレストレースウェイ」で試乗した。初代と比べ「トヨタとスバルで走りの味を大きく変えた」という2台を乗り比べてみると、想像を超える発見があった。

 トヨタ86は1980年代にヒットした「カローラレビン」「スプリンタートレノ」(通称ハチロク)の後継モデルとして、2012年に姉妹車のスバルBRZとともに登場。両社は2021年4月、2代目となる新型を発表した。

 スバルは新型BRZを「今夏発売」、トヨタは新型GR86を「今秋発売」とだけアナウンスしており、自動車メディアには北米で先行発表された新型BRZの試乗リポートがわずかに載っている程度だ。

 今回は両社がメディア向けに開いた試乗会に参加した。注目の新型2台を乗り比べることができるだけに、「走りの違いとは何か。サーキットを走らせたら、どちらが速いのか」など期待感が高まった。

路面に吸い付くようなBRZの安定感

 試乗会場となった袖ケ浦フォレストレースウェイは1周2436メートルの中規模なサーキットで、日本自動車連盟(JAF)の公認レーシングコースとなっている。スポーツカーの性能を引き出し、安全に楽しむには、歩行者や対向車のいないサーキットが一番だ。

 筆者は愛車のスバルインプレッサWRX-STIで何度もこのサーキットを走っている。最終コーナーを抜けたホームストレート(直線区間)では3速全開から4速にシフトアップし、一瞬で時速160キロに達したところで…

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文1853文字)

川口雅浩

毎日新聞経済プレミア編集長

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部