週刊エコノミスト Onlineから

EVでも激安アピール?ヤマダ電機出身社長が描く野望

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
中国の五菱が製造する小型商用EVバン ASF提供
中国の五菱が製造する小型商用EVバン ASF提供

 飯塚裕恭ASF社長「佐川急便へ7000台の中国製小型EVバンを供給する」

 ヤマダ電機出身の社長がこだわるのは価格だ。スピード感ある経営が注目を集めているASFの飯塚裕恭社長に聞いた。

(聞き手=土方細秩子・ジャーナリスト)

 元々EVをやろうと思ったきっかけはヤマダ電機時代に「店頭で100万円以下のEVが売れたら面白い」と考えたことだった。

 当時ヤマダでは家電、住宅(家具)、EVという3本の柱があり、私はEV部門を担当していた。その時に、日本のEVベンチャーのFOMM(川崎市)の小型EVを佐川急便に紹介したりした。

 しかし、当時の日本では、FOMMのEVに認可が下りなかったために、FOMMは海外事業に注力することになってしまった。

 ただ、佐川急便はEVの調達を諦めていなかった。そこで、私はヤマダ電機を退職し、ASFを立ち上げて自分でEVの企画、製造に着手した。

 ヤマダ電機時代から、ビジネスに必要なのはスピード感と価格サービスだと考えていた。

 世界は脱炭素化に向けて急激に動いており、EVを出すならチャンスは今しかない。2、3年後ではもう遅い。この考えとスピード感に賛同し、実現してくれるパートナーとして選んだのが広西汽車集団傘下の柳州五菱汽車(五菱)だった。他にもいくつかのメーカーと交渉したが、こちらが求める価格と性能を迅速に提供してくれたのが五菱だった。佐川急便への納車は2022年9月を予定。

佐川以外からも打診

 当社がEVを企業に売り込む際には、「今使用している軽自動車よりも購入費、年間の維持費などをトータルで必ず安く提供できる」という点をアピールしている。

 SDGs(持続可能…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1459文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。