週刊エコノミスト Onlineから

仏シトロエンが84万円モデル「欧州の小型EV戦争」

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
欧州のマイクロEVブームに火を付けた仏シトロエンの「アミ」 シトロエン提供
欧州のマイクロEVブームに火を付けた仏シトロエンの「アミ」 シトロエン提供

自動車地図を塗り替える「マイクロEV」

 2020年に発売され話題を呼んだ仏シトロエン社のEV「アミ」。6000ユーロ(78万円)という手軽な価格と14歳から免許証無しで運転可能(仏国内のみ)であるため若者を中心に人気となった。

 シトロエンは今年6月、アミの商用バージョンである「マイ・アミ・カーゴ」(84万円)を発売した。

 アミと同じ全長2・4メートル、幅1・4メートルのコンパクトなボディーに、最大で140キログラムの積載能力を持たせ、「都市などでのラストマイル・デリバリー・ソリューション」、つまり、届け出先までの数キロ程度の短距離の移動手段として提供していくという。

 マイ・アミ・カーゴはアミとスペック的にはほぼ同じで、航続距離は70キロ。ただし充電は3時間ほどで完了する。最高時速は45キロで、いわゆるNEV(ネイバーフッドEV、低速の小型車両)というカテゴリーだ。

 しかし、シトロエンでは「普段の生活で人が運転する距離は十分カバーできる。都市部の宅配、メール配達などの需要にも対応できる」としている。

 同社では特に首都パリのような道路の狭い都市中心での配達を想定しており、カラフルなアミの姿が新しいパリの風物詩になるかもしれない。

世界中から引き合い

 欧州では今、アミのような1人または2人乗りの「マイクロEV」を提供するベンチャーが増えている。

 日本と同様に道路が狭く渋滞が多い、という都市部の道路事情に合わせた、小回りの利くパーソナルモビリティーが今後主流になる、という考え方だ。

 その中で特に目を引くのがスイスに本社を置くm-cro(マイクロ)社の「マイクロリノ」だ。社長のウィ…

この記事は有料記事です。

残り1581文字(全文2277文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。