海外特派員リポート

ベゾス氏やマスク氏がなぜ今「宇宙」を目指すのか

中井正裕・北米総局特派員(ワシントン)
  • 文字
  • 印刷
宇宙開発ベンチャー「ブルーオリジン」の宇宙船「ニューシェパード」と創業者ジェフ・ベゾス氏=ブルーオリジン提供
宇宙開発ベンチャー「ブルーオリジン」の宇宙船「ニューシェパード」と創業者ジェフ・ベゾス氏=ブルーオリジン提供

 英米の起業家が宇宙旅行ビジネスの実現を競っている。英複合企業ヴァージン・グループを率いるリチャード・ブランソン氏(71)と米インターネット通販大手アマゾン・コムのジェフ・ベゾス会長(57)は7月、それぞれが創業した宇宙開発ベンチャーの宇宙船で宇宙飛行を実現した。

 米電気自動車大手テスラの最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏(50)も年内に民間人を乗せた宇宙旅行を予定している。彼らはなぜ宇宙を目指すのか?

ベゾス氏は「5歳の時からの夢」

 ベゾス氏は7月20日、自ら創業した「ブルーオリジン」の宇宙船「ニューシェパード」に搭乗し、高度約100キロの宇宙に到達した。7月5日にアマゾンのCEOを退任した後、「5歳の時からずっと夢見てきた」と語る宇宙旅行をついに実現した。

 ベゾス氏は幼少期、子どもの自主性を重んじる教育を受けたことで知られる。ロケット研究者だった祖父や、人気SFドラマ「スタートレック」の影響で科学や宇宙への関心を強め、将来は宇宙飛行士か物理学者になることが夢だったという。

 1994年に創業したアマゾン・コムが初の黒字を計上したのは2002年だが、00年に早くもブルーオリジンを設立。アマゾン経営の傍らで宇宙への情熱を燃やし続けていた。

 ベゾス氏は「地球のエネルギーは有限だ。宇宙で太陽エネルギーを活用すれば、素晴らしい文明が築ける」と宇宙開発の意義を強調する。高度100キロの宇宙旅行にとどまらず、月面着陸機「ブルームーン」を開発しているほか、民間宇宙ステーションの建設構想を掲げている。

冒険家でエンターテイナーのブランソン氏

 一方、ブランソン氏は自ら創業した宇宙開発…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1795文字)

中井正裕

北米総局特派員(ワシントン)

1975年京都府生まれ。立命館大学法学部卒。2000年毎日新聞入社。岐阜支局、中部報道センターを経て、09年から経済部で電力改革、貿易交渉、日銀などを取材。政治部にも在籍し、首相官邸、自民党などを担当した。18年10月から現職。