週刊エコノミスト Onlineから

タクシー反発!すぐ乗れる「AIオンデマンド交通」とは

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
京丹後市で始まった「mobi」の車両 筆者撮影
京丹後市で始まった「mobi」の車両 筆者撮影

月定額の乗り放題交通

 月額定額料金で家族みんな乗り放題──。こんなうたい文句のAIオンデマンド交通が6月30日、京都府京丹後市で運行を開始した。サービスの名称は「mobi(モビ)」。運行エリアは市内の峰山町および大宮町の一部で、地元タクシー会社の峰山自動車が車両の運行を、バス事業などを展開するWILLER(ウィラー)が予約の管理や配車を行う。

 スマートフォンのアプリケーションか電話で予約すれば、10分程度で指定した乗降場所に車両が到着し、エリア内を移動できる。乗降場所は、京都丹後鉄道の峰山駅をはじめエリア内のさまざまな箇所に配置されている。予約の時間や移動方向がある程度一致すれば、2名以上の乗り合いとなるケースもある。車両はワンボックス車を用いる。

 運賃は月額会員が1人5000円で、会員の同居家族は1人当たり500円追加で利用できる(同居家族は最大5人まで)。会員でなくても、乗車1回につき大人300円、子ども150円を払えば利用可能。

「携帯電話でもかけ放題料金だとより通話しやすくなるように、定額制にすることで都度払いのストレスなしに乗れるようになる」とウィラーの村瀬茂高社長。地方では買い物や通院のため自家用車が欠かせず、一家で複数台を所有するケースも多い。ウィラーは、通院や買い物などの近距離移動にmobiを利用することで、運転免許を返納した高齢者がより移動しやすくなり、一家の自家用車も減らせるので経済的負担も軽くなるとアピールする。

 採算ラインは個人会員200件および法人会員30件ほど。初日までに個人約70件、法人約5件の入会があったと言い、村瀬氏は「開始時にこれだけの会員…

この記事は有料記事です。

残り2798文字(全文3496文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。