知ってトクするモバイルライフ

グーグル「Pixel 5a(5G)」上位機並み性能で5万円台

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
グーグルが日米限定で発売する「Pixel 5a(5G)」。カメラなどの仕様は昨年発売された「Pixel 5」と同じ
グーグルが日米限定で発売する「Pixel 5a(5G)」。カメラなどの仕様は昨年発売された「Pixel 5」と同じ

 グーグルは、日本と米国限定で発売するスマートフォン「Pixel 5a(5G)」を発表した。8月18日から事前予約を受け付け、26日に販売を始める。グーグル自身がオンラインで販売するほか、大手通信事業者ではソフトバンクが取り扱う。

 価格は、グーグル直販の場合5万1700円。3万円台が中心の中位機と比べるとやや高いが、高機能モデルより安い位置づけだ。

CPUやカメラ画素数は上位機と同じ

 型番に「a」がつくモデルは、これまでも価格を抑えながらグーグルのAI(人工知能)で上位モデルに近い性能を実現している。カメラがその代表例で、AIによる処理で、画質を上位モデルとほぼ同等にしている。夜景モードなど、負荷のかかる処理にはやや時間がかかるが、端末価格に対して撮影性能が高いため根強い人気がある。

 新たに導入する「Pixel 5a(5G)」も、こうした特徴を受け継いでいる。機能面では、2020年10月に発売された旗艦モデルの「Pixel 5」に近い。搭載する中央演算処理装置(CPU)やカメラの画素数が同じで、ボディーには金属素材が使われて剛性が高い。

 一方で、1次記憶領域(メモリー)は「Pixel 5」よりやや少ない6ギガバイト(GB)で、ディスプレーの書き換え回数も1秒間に60回と「Pixel 5」の90回より少ない。こうした仕様は、普通に使っている限りは気づきにくいが、「Pixel 5a(5G)」は「Pixel 5」より2万円以上安く、価格面でのアドバンテージは大きい。機能と価格のバランスを見直したことで魅力が増したと言えるだろう。

 ただ、グーグルは昨年、「Pixel 5」と同時に、「…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1402文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。