週刊エコノミスト Onlineから

期待高まる「がん治療ワクチン」米モデルナなどが開発中

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
新型コロナのmRNAワクチンと同じ原理で作る「がん治療ワクチン」 (Bloomberg)
新型コロナのmRNAワクチンと同じ原理で作る「がん治療ワクチン」 (Bloomberg)

コロナワクチンの原理で治療

 米ファイザーと独ビオンテック、米モデルナは有効性の高い新型コロナウイルスのワクチンを記録的な速さで完成させ、世界に衝撃を与えた。両ワクチンはメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンと呼ばれる遺伝情報を使った新しいワクチンだが、mRNAは以前からがん治療への応用が研究されてきた。そもそもビオンテックとモデルナはmRNAでのがん治療研究のパイオニアであり、今回のワクチンの成功を機にmRNAでのがん治療が実用化へ近づくと期待が高まっている。

 mRNAは「たんぱく質製造の設計図」と表現されることが多い。たんぱく質はヒトの体を構成する約60兆個の細胞の主成分。細胞の中にはヒトの全遺伝情報を有するDNAがあり、各種のたんぱく質が作られる際にDNA内から個々のたんぱく質製造に必要な遺伝情報のみが切り出されている。この遺伝情報がmRNAだ。

 新型コロナワクチンは、ウイルス特有のたんぱく質のmRNAを投与してそのたんぱく質を体内で作らせ、免疫がこれを異物と認識する「予習」をさせている。そうすることで本物のウイルスが侵入したときに免疫が迅速に反応し、感染や発症を防ぐ。今後、実用化が見込まれるがんのmRNA治療も新型コロナワクチンと同じ原理で作用させることから、別名「がん治療ワクチン」と呼ばれる。

 がんは異常細胞が無限に増殖し続ける病気だが、本来、ヒトの免疫が発動すれば排除されるはずのもの。しかし、がんはがん特有のたんぱく質を発見しにくくするなどの仕組みを持っており、免疫を巧みにすり抜ける。そこで、がん特有のたんぱく質などのmRNAをヒトに投与して免疫を「訓練」し、が…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文1364文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。