経済プレミアインタビュー

浜矩子氏「コロナの弱者救済に日本の政策はお粗末」

平野純一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
オンラインでインタビューに答える浜矩子さん
オンラインでインタビューに答える浜矩子さん

浜矩子氏に聞くコロナ禍と世界経済(上)

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。大きなダメージを受けた経済をどのように立て直したらいいのか。日本と世界の経済にはどんな変化が生じているのか。国際経済に詳しい同志社大学教授の浜矩子さんに聞いた。【聞き手は経済プレミア編集部・平野純一】

 ――新型コロナウイルスの感染拡大は収まる気配がなく、経済に大きなダメージを与えています。

◆浜矩子さん パンデミック(世界的大流行)という未曽有の危機に、私たちはいま直面しているわけですが、そのような時に、真っ先にしわ寄せがいくのは弱い人たちです。非正規雇用の人たちや、オンラインで単発の仕事を請け負うギグワーカーの人たちなどです。

 ウーバーイーツの仕事は増えたかもしれませんが、スマートフォンを見ながら、今日はこの仕事、明日はあの仕事……というように働いている人たちは、注文がなくなれば、あっという間に収入激減です。

 富裕層は「巣ごもり生活をしていればいい」くらいに考えているかもしれません。しかし、日々の生活をぎりぎりで送っている人たちには、少しのショックが致命的です。

人の痛みが分かる政策がない

 ――そこで手厚い政策が必要になります。

 ◆コロナによって経済は縮小し、バランスが崩れたわけです。このような時こそ、経済政策の出番です。経済政策には二つの使命があります。一つは「均衡の保持と回復」、もう一つは「弱者救済」です。

 経済が均衡から外れるとは、極端にインフレになったり、デフレになったりすることを指します。いずれの場合もまず影響が及ぶのは弱者です。インフレで生活に必要なものが値上がりすると生活が行き…

この記事は有料記事です。

残り1686文字(全文2382文字)

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。