毎日家業×創業ラボ

ゼロをイチに!動き始めた「デザイン×ものづくり」

清水憲司・毎日新聞経済部副部長(前ワシントン特派員)
  • 文字
  • 印刷
パイロットと本多プラスのコラボレーションで生まれた「ハイテックC リッシュ」=本多プラス提供
パイロットと本多プラスのコラボレーションで生まれた「ハイテックC リッシュ」=本多プラス提供

 田舎と都会、中小企業と大企業。この二つのギャップを埋めるため、「本多プラス」の本多孝充さんは、あこがれの地である東京・表参道に小さなオフィスを構え、2004年、美大出身者らをデザイナーとして迎え入れました。目指すのは、デザイン×ものづくりを突き詰めて、自らの手で「世界に通用するブランド」を生み出すこと。しかし、愛知・新城の中小メーカーである本多プラスには、知名度と実績が不足していました。どうやって「ゼロ」を「イチ」にしていったのか。本多さんが走ります。

私の家業ストーリー<3>本多プラス・本多孝充さん

 6畳一間でもいい。「自分で考え、自分で作り、自分で売るオリジナルブランド」の店を開き、世界に打って出たい。このビジョンを実現するためのステージは、ファッション界をリードする世界的なブランドが建ち並び、自らのデザインと感性を磨いてくれる東京・表参道しか考えられなかった。

 まだ見ぬ理解者との出会いを求めて、本社のある愛知・新城と東京を往復する日々。少しずつ人脈は広がったものの、自らのプラスチック成形技術とデザインを製品の形にして、実際の取引に結びつけるには、知名度と実績が不足していた。「ゼロ」を「イチ」するきっかけはなかなかつかめなかった。

 「君はすごく面白いことをやろうとしている」。こう声をかけてくれたのは、長く主力事業だった修正液ボトルで取引がある文具メーカー、パイロットコーポレーションの開発部長だった。仕事に厳しい人で急に怒り出すこともあったが、商品開発に対する熱意と直感力、人間的な温かさを感じ、「学べることがあるかもしれない」と食らいついていた。

 ある日、京橋の本社に呼ばれ、「全く新しいボールペンを作りたい。君にそのデザインをやってもらいたい」と提案された。まずは化粧品市場への参入を目指す自分に、なぜボールペンなのだろうと首をひねっていると、部長は「文具と化粧品の商品開発は…

この記事は有料記事です。

残り2496文字(全文3297文字)

清水憲司

毎日新聞経済部副部長(前ワシントン特派員)

 1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を卒業後、99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て、東京経済部で流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当した。2014~18年には北米総局(ワシントン)で、米国経済や企業動向のほか、通商問題などオバマ、トランプ両政権の経済政策を取材した。