知ってトクするモバイルライフ

サムスン折り畳みスマホ2機種 初のおサイフケータイ

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
Galaxy Z Fold3 5G。開くと7.6インチに
Galaxy Z Fold3 5G。開くと7.6インチに

 サムスンは、折り畳み可能な「フォルダブルスマホ」の新モデルを、日本で10月上旬に発売する。折り畳むと縦長の携帯電話のようなサイズになる「Galaxy Z Fold3 5G」(ギャラクシーZフォールド3 5G)と、一回り小さくガラケー(従来型携帯電話)のように折り畳む「Galaxy Z Flip3 5G」(ギャラクシーZフリップ3 5G)の2機種だ。

 これまで、サムスンのフォルダブルスマホはKDDIが独占販売していたが、Fold3とFlip3は、新たにNTTドコモも販売する。現時点で価格はドコモ版のみ発表しており、Fold3が23万7600円、Flip3が14万8896円。

「フォルダブルを主流に」

 2020年にauが販売したFold2は約26万円、Flip2は約18万6000円だったが、今回、Fold3とFlip3の2機種とも値下げした。2機種は日本以外でも販売価格を下げており、サムスンはフォルダブルスマホの普及に弾みをつけたい考えだ。

 元々、サムスンは毎年、秋冬商戦向けに大画面でペン入力が可能な「Galaxy Note」(ギャラクシーノート)を投入している。春に発売する旗艦モデルの「Galaxy S」と比べると高機能で、ペンを搭載しているのが差別化要素だった。フォルダブルスマホは、三つ目の製品ラインとして登場したが、あくまで特別な端末という位置づけだった。

 ところが、21年の秋冬商戦では、Galaxy Noteの投入を見送った。サムスンのモバイル部門の盧泰文(ノ・テムン)CEO(最高経営責任者)は、8月に開催した発表会で、「フォルダブルが新しいメインストリーム(主流)のス…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1554文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。