石角友愛のシリコンバレー通信

ネットで批判殺到 価格変動のわな

石角友愛・パロアルトインサイトCEO
  • 文字
  • 印刷
需要に応じて価格を変動させる「ダイナミックプライシング」には思わぬわなもある
需要に応じて価格を変動させる「ダイナミックプライシング」には思わぬわなもある

 私は人工知能(AI)開発やデジタルトランスフォーメーション(DX=デジタルを活用した業務改革)支援を行う「パロアルトインサイト」という会社を経営し、AIビジネスデザイナーとしても常に現場に出ている。このため、普段からAIのビジネス応用に関する学術論文などはよく読んでいるのだが、先日、米ハーバード・ビジネス・スクールの機関誌である「ハーバード・ビジネス・レビュー」で興味深い論文が投稿されていたので紹介したい。

 マルコ・ベルティーニ氏とオデッド・ケニスバーグ氏が執筆した「プライシングアルゴリズム(ダイナミックプライシング)のわな」というものだ。ダイナミックプライシングとは、ビッグデータをもとに需要を予測し、柔軟に価格を変動させるしくみ。パロアルトインサイトでも、ある企業の売り上げ向上のためにダイナミックプライシングのアルゴリズム(計算方法)を開発したことがあるため、興味深く読んだ。

緊急事態での価格変動

 この論文の中で、ダイナミック・プライシング・アルゴリズムのわなとして挙げられている事例の一つが、テロリズムや銃乱射事件などが起きたときのウーバーやリフトといった配車サービスの価格変動だ。

 2020年1月22日の夕方5時、米シアトルの繁華街で、銃乱射事件が発生した。帰宅途中の人があふれる街の中で、突如として起こった乱射はパニックを引き起こした。…

この記事は有料記事です。

残り1579文字(全文2157文字)

石角友愛

パロアルトインサイトCEO

 2010年にハーバードビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得後、米グーグル本社でシニアストラテジストとして、多数のAIプロジェクトを手がける。グーグル退社後、人事系スタートアップや流通系AIベンチャーを経て、2017年に日本企業にAI開発を行うパロアルトインサイトを起業。著書に「いまこそ知りたいAIビジネス」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。