週刊エコノミスト Onlineから

木内登英氏「米国発の金融波乱」2年後にありうる理由

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
ERBの出口戦略に注目が集まっている Bloomberg
ERBの出口戦略に注目が集まっている Bloomberg

 米連邦準備制度理事会(FRB)は、9月22日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、次回11月2〜3日のFOMCでテーパリング(資産買い入れの段階的縮小)を実施する可能性を強く示唆した。これで金融市場の不確実性はかなり低下し、金融市場を攪乱(かくらん)するリスクはもはや小さくなったと言えるだろう。

 資産買い入れ策よりも、短期金利を直接コントロールする金利政策の方が、政策効果はより明らかである。そのため、政策金利引き上げの方が、金融市場に与える影響も大きくなりやすい。

 この点から、FOMCメンバーによる利上げ(政策金利引き上げ)の予想時期が、今回前倒しされた点が注目される。メンバー18人のうち半数の9人が2022年に1回以上の利上げ、23年末までに合計4回以上の利上げを見込んでいる。前回6月の見通しでは、過半数が23年末までに2回の利上げを見込んでいた。前倒しの背景にあるのは、足元での物価上昇率の上振れだ。

どうなる出口戦略

 筆者は、FOMCメンバーの米国の成長率、物価上昇率見通しは楽観的過ぎると考えている。コロナ関連の経済対策の効果剥落、感染問題の長期化などが、先行きの米国の成長率を予想以上に下振れさせるのではないか。

 また、コロナショックによる需給ギャップの悪化の影響が遅れて顕在化することなどから、23年にかけて、物価上昇率はFRBの2%の物価目標以下の水準へと下振れていく可能性が相応にあると考える。そのため、政策金利の引き上げの時期については、FOMCメンバーの見通しよりも後ずれするとみている。

 前回15年12月の利上げ開始は、テーパリング開始から24カ月後、テーパリング終了から14カ月後であった。これを今回のケースに単純に当てはめると、仮に今年11月にテーパリングが開始されれば、利上げ開始の時期はちょうど2年後の23年11月となる計算だ。

 こうした点を踏まえる…

この記事は有料記事です。

残り1858文字(全文2656文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。