週刊エコノミスト Onlineから

笑点最長老の林家木久扇さん「生きる名人」の元気の源

週刊エコノミスト Online
  • 文字
  • 印刷
「僕はブームになる前からユーチューバーなんです」 撮影=蘆田剛
「僕はブームになる前からユーチューバーなんです」 撮影=蘆田剛

 芸能生活60周年を迎え、演芸番組「笑点」には50年超も出演する最長老、林家木久扇さん。骨折からも見事に復帰し、「稼ぐ」ことへの熱意は今なお衰えない。誰もを笑顔にし続ける元気の源とは。そして今後の目標は──。

(聞き手=大宮知信・ジャーナリスト)

── 今年5月下旬に自宅玄関で転倒し、左足の骨を折ったというニュースがありました。今はどうですか?

木久扇 ええ、普通に歩けます。痛みもありません。買い物してきてお茶が入った重いビニール袋を手に提げたまま、ドアの鍵を開けて入ろうとして転んじゃったんですが、まさか骨が折れてしまうとは思いませんでしたよ。左大腿骨(だいたいこつ)骨折で3カ月入院って言われたけれど、1カ月で退院しちゃった。(患部を)10センチぐらい切って金属(チタン)のプレートを入れる手術をしましてね。

── 一日でも早く復帰しようと、一生懸命リハビリに励んだそうですね。

木久扇 次の日からリハビリを開始して、こうやって立てるし、寄席にも出られるようになった。今は週2回大学病院へリハビリに通っています。けれど、まだ正座ができないんですよ。(高座は)椅子に座ってやっているんですが、椅子だとお客さんを見下ろす形になっちゃって感じが悪いんです。だから、(寄席の)上の方にある柱時計のあたりを見ながらしゃべるようにしています。もう慣れました。ちゃんと笑いも取れています。

── それにしても、回復は早かったですね。

木久扇 すごい回復力でしょう。3カ月の入院予定を1カ月で退院しちゃった。経済は病気を治す。

── え、どういうことですか。

木久扇 入院した時、個室を取ったのよ。ところが、6人部屋は1泊8000円。個室は3万7000円。3カ月入院したら……すぐに計算できるでしょう。それ聞いたら真っ青になっちゃって。寄席のお客が(入場料)3000円で10人しか…

この記事は有料記事です。

残り3509文字(全文4286文字)

週刊エコノミスト Online

ビジネス誌「週刊エコノミスト」のウェブ版に、各界の専門家やライターらが執筆します。