クルマ最新事情

満を持した?トヨタの本格EV「長寿命電池」の実力は

川口雅浩・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
トヨタ自動車が2022年に世界で発売すると発表した電気自動車「bZ4X」=同社提供
トヨタ自動車が2022年に世界で発売すると発表した電気自動車「bZ4X」=同社提供

トヨタ初の世界戦略EV(1)

 トヨタ自動車が2022年の年央に日本、北米、中国、欧州など世界で発売する電気自動車(EV)「bZ4X」の詳細が明らかになった。bZ4XはトヨタがSUBARU(スバル)と共同開発したEVのスポーツタイプ多目的車(SUV)で、トヨタが満を持して世界に投入する初の本格量産EVとなる。

 トヨタ初の世界戦略EVは、先行する米「テスラ・モデルY」や日産が今冬に発売する「アリア」などライバルの最新EVとガチンコ勝負になるのは間違いない。トヨタは「従来車から乗り換えても安心して長く使えるEV」を目指したという。

 裏を返せば、これまでのEVは「安心して長くは使えなかった」ということだろう。「安心して長く使える」とは、どういうことなのか。

 トヨタはこれまで自動車の電動化でハイブリッド(HV)技術や燃料電池車(FCV)にこだわり、「EVに消極的」「EV開発で出遅れた」などとメディアで批評されてきた。トヨタとしては、そんな汚名を返上したかったのだろう。bZ4XはこれまでEVの弱点とされる航続距離や充電時間などの問題を克服すべく、最新の技術を満載し、世界のEVの先頭集団に並ぼうとしている。

10年後の電池の長寿は?

 「安心して長く使えるEV」として、まず注目したいのは、EVの要となる「リチウムイオン電池の長寿命化」と「冬場の航続距離の確保」だ。

 EVのリチウムイオン電池は時間の経過や充電と走行を繰り返すことで徐々に容量が低下する。これはスマートフォンなどと同様、電池本来の特性だが、従来のEVの場合、数年で電池が劣化し、走行距離がガクンと下がる傾向があった。(「『数年で電池が劣化』EVが抱える深い悩み」参照)

 今回トヨタは「…

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1932文字)

川口雅浩

経済プレミア編集部

1964年生まれ。上智大ドイツ文学科卒。毎日新聞経済部で財務、経済産業、国土交通など中央官庁や日銀、金融業界、財界などを幅広く取材。共著に「破綻 北海道が凍てついた日々」(毎日新聞社)、「日本の技術は世界一」(新潮文庫)など。財政・金融のほか、原発や再生可能エネルギーなど環境エネルギー政策がライフワーク。19年5月から経済プレミア編集部。