経済プレミア・トピックス

“1足3850円”埼玉行田「斬新スリッパ」が売れる理由

田中学
  • 文字
  • 印刷
埼玉県行田市南河原の新ブランド「ミナミカワラ・スリッパ」の六大陸(州)シリーズ。派手な柄が人気を集める=2021年10月14日、田中学撮影
埼玉県行田市南河原の新ブランド「ミナミカワラ・スリッパ」の六大陸(州)シリーズ。派手な柄が人気を集める=2021年10月14日、田中学撮影

スリッパ産地の復活への道(上)

 かつて日本一の生産量を誇ったスリッパ産地で、地場産業復活の狼煙(のろし)が上がっている。埼玉県行田市南河原の新ブランド「ミナミカワラ・スリッパ」だ。復活の第1弾として、アフリカと南米・ブラジルの色彩鮮やかな伝統柄を用いた「六大陸(州)」シリーズを2021年1月から販売。東京都などの百貨店や専門店で期間限定の販売が主だが、売れ行きが好調だ。一体、どんなスリッパなのか。

コロナの打撃を埋める売れ行き

 「六大陸(州)」シリーズは柄が派手で、ひときわ目を引くスリッパだ。アフリカとブラジルから輸入した生地をスリッパに加工。その派手さが受け、1足3850円と高価格にもかかわらず、40~60代の女性から「こんなのがほしかった」と人気を集めている。

 ギフト用として買っていく客も多い。一つとして同じデザインがなく、左右の柄をそれぞれ自分で選べるのもポイントだ。

 ある催事でのことだ。初日にある女性がスリッパのデザインを気に入って1足購入した。数日後、その女性が再び売り場を訪れ、「履き心地が気に入った」と、さらに2足を買い求めていった。

 この「履き心地のよさ」が、南河原の技術力の証しだ。南河原産の特徴は、つま先から足の甲までをすっぽりと覆うスタイルと、クッション性に優れたかかと部分で、履き続けても疲れにくいことだ。また、丈夫で水洗いもできる。20年以上前から、高級スリッパ製造にシフトして技術を培ってきた。

 これまで南河原産のスリッパは、全国の百貨店などで1足2000円前後で販売してきた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で、百貨店などが休業したこともあり、製造会社は打撃を受けた。そうした中、南河原の技術と斬新なデザインを掛け合わせた「六大陸(州)」シリーズは、打撃の穴を埋め、わずかながら業績を上向かせている。

かつては国内シェア8割

 埼玉県北部で利根川の南側に面した旧南河原村(06年に行田市へ編入)でスリッパ製造が始まったのは、戦後の1954年からだ。もともと農家が農閑期に作る草履がスリッパ…

この記事は有料記事です。

残り1118文字(全文1982文字)

田中学

1979年東京都生まれ。中央大文卒。出版社勤務を経て、2014年11月、毎日新聞デジタルメディア局に配属。